1.ワークスペース登録方法

1.はじめに

ここでは、Slackを初めて利用する際のワークスペース作成・登録からチュートリアルまで、開始手順を解説します。

チームコミュニケーションツール「Slack」では、

  • コミュニティ を 『ワークスペース』
  • ワークスペースに参加するメンバーの集まりを 『チーム』

と呼びます。

ワースクペースごとにSlack内に専用のURLが付与され、クローズドなスペースのなかで、チームの情報共有やコミュニケーションなどをおこないます。

 

2.ワークスペース作成手順

1)メールアドレスの登録

Slack」のWebサイト(https://slack.com)」へアクセスし、ページ内『Slackを始める』を選択し、あなたのメールアドレスを入力しましょう。

 

「ワークスペースを新規作成」をクリックします。

 

 

入力したメールアドレス宛てに送信される6桁の確認コードを参照し、画面内にコードを入力してください。

 

次に、あなたの名前と、

 

Slackへサインインするパスワード(条件:英数字6文字以上)を入力します。

2)チームについて

続いて、ワークスペース関連情報を入力します。Slackの使用目的を選択してください。

選択肢によって、項目が若干異なります。自社の利用に適した選択を行い、先に進んでください。

 

 

『仕事』を選択すると、業種の選択肢が追加表示されます。

【 消費財・金融サービス・政府団体・医療/製薬・メディア・非営利団体・小売・テクノロジー・その他 】

 

『学校』を選択すると、利用人数の選択肢が追加表示されます。

【 1-10名,11-50名,51-100名,101-250名,251-500名,501-1000名,1001-4000名,4000名以上 】

 

『趣味サークル』を選択すると、学校の選択と同じく利用人数の選択肢が追加表示されます。

 

『その他』を選択すると、学校・趣味サークルと同じく利用人数の選択肢と、

「もう少し詳しく教えていただけますか?(詳しければ詳しいほど、Slack の改善に役立ちます!)」

という、フリー入力欄が追加表示されます。

 

ワークスペース名を入力します。

入力条件として、利用できる文字は「英数字とハイフンのみ」です。また、URLの最初と最後の文字にハイフンは利用できません。

 

すでに同じURLが他のワークスペースで利用されている場合は、その旨が表示されるので異なるURLへ変更しましょう。

 

利用規約に関して、「同意します」を選択します。

作成したワークスペースへ招待するメンバーのメールアドレスの入力、または招待リンクの取得が行えます。

この画面での設定などはいつでも行えるので、「後で」を選択しても構いません。

 

以上で、Slackにワークスペースが作成されました。

 

2.ワークスペース作成後のチュートリアル

ワークスペース作成後、チュートリアル閲覧のポップアップが自動表示されます。誤ってスキップしてしまい、気になった方は以下をご覧ください。

 

1)「slackbot」の紹介

デフォルトで設定されているbot「slackbot」が紹介されます。slackbot宛てに利用方法に関する質問をメッセージで送ると、内容によっては自動で回答を表示する機能を持っています。

 

2)「チャンネル」の紹介

「チャンネル」と呼ぶ、テーマ別のスレッド機能について紹介されます。

 

3)「ダイレクトメッセージ」の紹介

個別にメッセージを送る「ダイレクトメッセージ」機能について紹介されます。

 

4)「チームメンバー追加」の紹介

最後に、作成したチームにメンバーを追加する箇所を紹介し、チュートリアルは終了します。

 

3.アカウント作成後のワークスペースへのサインイン(ログイン)方法

Slackへのサインイン方法として、大きく次の3つの方法が挙げられます。

 

1)アプリからサインイン

Slackは、4種のアプリケーションが用意されています。

  • パソコンデスクトップアプリ
  • iOSアプリ
  • Androidアプリ
  • Windows Phoneアプリ

 

あなたが利用しているデバイスに適したアプリをインストールし、指示に従いサインイン用のメールアドレスまたはパスワードを入力しましょう。

アプリではワークスペースの切り替えが簡単に行えるため、複数のワークスペースに参加している方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

2)メールアドレスが合致するワークスペースを検索しサインイン

https://slack.com/get-started」に移動し、『Slack ワークスペースを検索』を選択します。

 

あなたのメールアドレスを入力するとSlackより確認のメールが送信されます。メール本文内『Confirm Email Address』をクリックしましょう。

 

メールアドレスと合致したサインイン済みのワークスペースが表示されます。

複数のワークスペースに参加し、目的のワークスペースURLが分からない場合、サインインする手段として便利な方法です。

 

3)ワークスペースURLからのサインイン

https://slack.com/signin」に移動すると、上記ページが表示されます。あなたが参加可能なワークスペースURLを入力しましょう。

 

なお、複数のワークスペースに参加している方は、別のタブで表示することで同時に異なるワークスペースにサインイン・表示が可能です。