1.ワークスペース登録方法

1.はじめに

この記事では、Slackを初めて利用する際のワークスペース作成・登録から基本画面の解説までを行います。

 

まず初めに、Slack固有の名称を確認しましょう。

チームコミュニケーションツール「Slack」では、各ページを以下のように呼びます。

 

  • コミュニティ を 『ワークスペース』
  • ワークスペースに参加するメンバーの集まりを 『チーム』

 

ワークスペースが会社のようなもので、チームが「プロジェクト」のようなものと考えるとわかりやすいと思います。

ワースクペースごとにSlack内に専用のURLが付与され、クローズドなスペースのなかで、チームの情報共有やコミュニケーションなどを行うことができます。

 

2.ワークスペース作成手順

1)メールアドレスの登録

Slack」のWebサイト(https://slack.com)」へアクセスし、ページ内『Slackを始める』を選択し、あなたのメールアドレスを入力しましょう。

 

「ワークスペースを新規作成」をクリックします。

 

入力したメールアドレス宛てに送信される6桁の確認コードを画面内に入力してください。

 

 

次に社名、もしくはチーム名を入力します。

続いてチーム内で取り組んでいるプロジェクト名を1個入力します。

プロジェクトを設定したらそのプロジェクトに参加するメンバーに招待メールを出すことができます。

招待したいメンバーのメールアドレスを入力します。

ここで入力せず、後程招待することも可能です。

 

 

ここまで入力すれば一旦登録は完了です。

「Slackでチャンネルを表示する」をクリックすればSlackのホーム画面に移動します。

一番最初にホーム画面に入ると、「新規登録を終了する」という表示が画面中央に出ていますので、ここをクリックして登録作業を完全に終わらせておきましょう。

 

 

クリックすると名前とパスワードを入力できるようになりますので、Slack内で表示する名前とログインに必要なパスワードを設定します。

続いてワークスペースの名前とURLを決め、ワークスペースに招待するメンバーに招待メールを送れば終了です。
(招待メールは省略化)

 

 

ここまでの作業が終われば、今度こそ登録は終了です。

今後、自由にSlackを使うことができるようになります。

 

 

3.ワークスペース作成後の基本的な機能と名称

ワークスペース作成後、ホーム画面に出ている基本的な機能をご紹介します。

 

1)「slackbot」の紹介

 

デフォルトで設定されているbot「slackbot」は、Slackの利用方法に関する簡単な質問を送ると、自動で回答してくれる機能です。

簡単な操作方法や質問は、まずはこのSlackbotに質問してみましょう。

 

2)「チャンネル」の紹介

「チャンネル」とは、トピック別に立てられる「カテゴリー」のようなものです。

 

「general」はデフォルトで設定されているチャンネルで、ワークスペース参加者全員が見ることができます。

全メンバーに向けたアナウンス等で使用しましょう。

 

generalとは別に目的別に情報交換ができるチャンネルを目的に合わせて作成しましょう。

例えば、会社であれば部門別に「営業」「経理」「生産管理」といったチャンネルを作り、それぞれ情報共有をしたいメンバーを招待して利用します。

 

3)「ダイレクトメッセージ」の紹介

 

「ダイレクトメッセージ」機能は各メンバーに対して個別でメッセージ交換ができるチャット機能です。

他の方に知られたくない内容はこの機能を使って個別に会話をしましょう。

 

4)「チームメンバー追加」の紹介

 

左のサイドバーにある「メンバーを招待」または、初期の状態で中央に大きく表示されている「メンバーを追加する」をクリックするとワークスペースにメンバーを招待することができます。

招待したメンバーは「general」と「random」のチャンネルに自動登録されます。

 

4.アカウント作成後のワークスペースへのサインイン(ログイン)方法

Slackへのサインイン方法として、大きく次の3つの方法が挙げられます。

 

1)アプリからサインイン

Slackは、4種のアプリケーションが用意されています。

  • パソコンデスクトップアプリ
  • iOSアプリ
  • Androidアプリ
  • Windows Phoneアプリ

 

あなたが利用しているデバイスに適したアプリをインストールし、指示に従いサインイン用のメールアドレスまたはパスワードを入力しましょう。

アプリではワークスペースの切り替えが簡単に行えるため、複数のワークスペースに参加している方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

2)メールアドレスが合致するワークスペースを検索しサインイン

 

https://slack.com/get-started」に移動し、『Slack ワークスペースを検索』を選択します。

 

 

続いてメールアドレスを入力するとSlackより確認のメールが送信されます。

メール本文内のリンクをクリックしましょう。

 

 

メールアドレスと合致したサインイン済みのワークスペースが複数表示されます。

一つのワークスペースにしか参加していない場合は、画面のように1つのワークスペースしか表示されません。

 

このサインイン方法は複数のワークスペースに参加し、目的のワークスペースURLが分からない場合に便利な方法です。

 

 

3)ワークスペースURLからのサインイン

https://slack.com/signin」に移動すると、上記ページが表示されます。あなたが参加可能なワークスペースURLを入力しましょう。

 

なお、複数のワークスペースに参加している方は、別のタブで表示することで同時に異なるワークスペースにサインイン・表示が可能です。