10.ダイレクトメッセージ機能

はじめに

チームコミュニケーションツール「Slack」には、『ダイレクトメッセージ』と呼ぶ、メッセージ送信機能があります。

 

この記事では、ダイレクトメッセージの使い方を解説します。

 

ダイレクトメッセージ(DM)とは

ダイレクトメッセージは、多数のメンバーと交流を持つチャンネルとは別に、特定のメンバーや少人数でのちょっとしたコミュニケーションを取りたいときに便利な機能です。

 

指定したメンバーとのメッセージのやりとりは、他メンバーから検索・閲覧されることはありません。

ダイレクトメッセージのやり取りは、1対1から最大9名(自身を含めて)によるグループでのメッセージのやり取りも可能です。

 

ダイレクトメッセージの送信方法

 

メンバーひとりに対して、ダイレクトメッセージを送信する場合

 

  1. サイドバーに表示されている「ダイレクトメッセージ」下から、任意のメンバー名を選択
  2. 表示される画面最下部のメッセージテキストボックスにメッセージを入力し、「送信」を選択

 

もしくは直接メンバーのアイコンをクリックして「ダイレクトメッセージ」をクリックしても送ることができます。

 

複数名のメンバーに対して、ダイレクトメッセージを送信する場合

  1. あなた自身を含め最大9名までのグループとしてメッセージを送信できます。
  2. サイドバーに表示されている「ダイレクトメッセージ」を選択
  3. 検索バーから、任意のメンバーを検索・追加し、「進む」を選択
  4. 表示される画面最下部のメッセージテキストボックスにメッセージを入力し、「送信」を選択

 

ダイレクトメッセージからプライベートチャンネルへ変更

ダイレクトメッセージは最大9名までしか参加できません。

ですが、会話の流れによってはさらに人数を増やし10名以上でコミュニケーションを取りたいといったケースも出てくるかもしれません。

その場合、次の手順で、通常のプライベートチャンネルへと変更が可能です。

 

  1. ダイレクトメッセージ画面のヘッダーから歯車マークを選択
  2. 「プライベートチャンネルに変換する」をクリック
  3. プライベートチャンネルの設定を行う

 

なお、この設定を行えるのは、プライベートチャンネル作成権限を持つメンバーのみです。

また、プライベートチャンネルに変更後、ダイレクトメッセージ時代の投稿も残っているので注意してください。

 

テキストの装飾設定

テキストエリア内に文字の前後に特定の記号を追加し投稿すると、文字装飾されたテキストとして表示させることがでいます。

  • 太字:前後を*(アスタリスク)で囲う
  • 斜体:前後を_(アンダーバー)で囲う
  • コードブロック:前後を `(バックフォート)で囲う
  • 引用:テキストの頭に>(大なり)を追加

 

絵文字を入力する

テキストだけでなく、絵文字を投稿することもできます。

  1. テキストエリア右端のスマイルマークを選択し、数多く用意されている絵文字から選択
  2. 「:(コロン)」を入力し、続いてワードを入力すると、そのワードに関連した絵文字が絞り込み検索で表示
  3. エモティコン(英数字・記号の組み合わせにより作成する顔文字)を入力することでも、絵文字に変換します(例:「:D」でスマイルマーク、「<3」でハートマークなど)

 

メッセージにリアクションを送る

任意のメッセージにポイントを合わせ、スマイルマークを選択すると、絵文字リストが表示されます。

 

絵文字をクリックすると、メッセージのテキスト下に絵文字が追加されます。メッセージを確認したうえでの反応をフランクな返信として簡単に送ることになります。

 

To-Doリスト・メモ帳としての活用

ダイレクトメッセージは、自分自身にも送信することができます。

自分専用のスペースとして、ちょっとしたメモや業務のTo-Doリスト、保存しておきたいファイルをアップロードするなど、自由に活用しましょう。

 

メンション機能

メンションとは

メンションを設定すると、特定のメンバーに読んで欲しいメッセージに利用し投稿することで、そのメンバーに自身宛ての投稿があった通知が届きます。

 

メンションの利用方法

メッセージ作成時、テキストエリアで「@」 + 「メンバーの表示名 or 氏名」でメンションが作成されます。

背景に青色がついた表示となるのでメンションであると一目でわかると思います(あなた自身へのメンションの場合、背景色は黄色になります)。

 

ただし、一度投稿したのち編集でメンションを追加しても、メンションしたメンバーに通知されませんので注意してください。

 

多くのメンバーに通知できる特殊なメンション

 

  • @channel:そのチャンネルに参加する全メンバーに届くメンション
  • @everyone:デフォルトで全メンバーが必須参加のチャンネル(初期チャンネル名「#general 」)に参加するメンバー宛てに通知されます。
  • @here:パブリックチャンネルかつアクティブユーザーにのみ通知する