4.チャネルの会話機能

はじめに

Microsoft Teamsのチャネルの会話機能を活用することで、チームのメンバーとより円滑に情報共有することができます。

 

ここでは、前章で紹介したチャネルの会話機能についての使用方法を、より詳しく解説していきます。

 

1.メッセージ送信

チャネル毎に用意されている「会話」タブをクリックすることで、メンバーとのメッセージのやりとりができます。

会話の共有範囲は、制限はなく、チームに参加していれば、誰もが閲覧できます。

 

【Microsoft Teams 利用マニュアル】 4.チャネルの会話機能

メッセージを入力し、右下の送信ボタンでメッセージを投稿できます。

投稿すると、スレッドが立ち、メンバーのアイコン・名前・投稿日時が表示されます。

メッセージに対しての返信は、メッセージの下の返信ボタンから行います。

 

改行について

「shiftキー」+「enterキー」を押すことで、改行ができます。

「enterキー」を押すことでも、メッセージを送信することができます。

 

2.メッセージの装飾

メッセージ装飾ボタン

メッセージ入力フォームの下に、ボタンがいくつか並んでいます。

このボタンを使用することで、メッセージに装飾を加えることができます。

 

左のボタンから順に解説していきます。

 

2-1.書式

一番左の書式ボタンを押すと、通常のメッセージとは違うフォームに切り替わります。

 

書式フォーム

メッセージタイトルを入力できます。

 

書式フォームの上の編集ボタンを使うと、文字の大きさや太さ、アンダーラインなどを使用できたり、目立たせたい文字をマーカーできたり、箇条書きもできたりします。

 

ほかにも、URLのリンクの設定や、見出しをつけたりもできます。

大事なお知らせなどには、!を押すことによって、投稿後に重要マークがつき、注目度が増します。

 

2-2.添付

左から2番目のクリップマークは添付ボタンです。

自身のパソコンやスマートフォンのデータを投稿することができます。

画像データや、Word、Excelなどといったデータを投稿、共有できます。

 

ファイルの投稿

投稿されたファイルを直接クリックすることで、閲覧できたり、ダウンロードすることも可能です。

 

2-3.絵文字

絵文字投稿

普段よく目にする絵文字は、Microsoft Teamsでも用意されていて、絵文字ボタンを押すことで、あらかじめ用意されている絵文字を使用できます。

 

2-4.Giphy(ジフィー)

Giphy(ジフィー)とは、GIFアニメーションのことです。

 

Giphyの検索

Giphyのボタンを押すと、検索バーが出てきますので、欲しいアニメーションを探してみてください。ここでは、「ウサギ」を検索し、投稿しています。

 

Giphyという海外のサイトがありますので、どういったアニメーションがあるのか覗いてみてください。

※著作権があるものは使えませんので、十分注意してください。

 

2-5.ステッカー

ステッカー検索

ステッカーボタンを押すと、左側にステッカーのカテゴリー、右側に検索バーと人気ステッカーが表示されます。

 

鉛筆のマークがついているステッカーに関しては、ステッカー内の文字を編集できるので、メッセージに合ったステッカーを探し、編集してみてください。

 

また、カテゴリー内のミームでは、オリジナルステッカーを作成することができます。

 

ミームステッカー

ミームを選択すると、画像をアップロードする場所があるので、ステッカーにしたい画像を自身のパソコンや携帯からアップロードしてください。

 

アップロードされた画像は、ステッカー同様、文字の編集ができます。

 

2-6.会議を開始

会議を開始ボタンを押すと、メンバーとビデオ通話ができます。

この機能に関しては、別の記事であらためて解説します。

 

2-7.メッセージングの拡張機能

「・・・」のボタンを押すと、アプリの一覧が出てきます。

アプリをインストールすることにより、ボタンを増やすことができます。

 

ボタンを拡張

ここでは、Newsと天気予報のアプリをインストールし、ボタンを拡張しました。

外部のサイトより、記事を引用して、メッセージとして投稿できます。

 

3.その他の機能

投稿したスレッドの右上にボタンが3つ並んでいます。

 

スレッドの右上のボタン

 

3-1.その他のオプション

「・・・」は、その他のオプションボタンで、ここから投稿メッセージの編集や削除などを行えます。

一度メッセージを投稿しても、編集を行うことができます。

編集したメッセージは「編集済み」の文字が表示されます。

 

3-2.このメッセージを保存します

真ん中のボタンは、投稿したメッセージの保存を行います。

 

メッセージの保存

ボタンを押すと赤くなり、メッセージが保存されます。

 

保存されたメッセージを確認するには、右上のプロフィールのアイコンから「保存済み」をクリックしてください。

 

左の保存済みリストに、保存されたメッセージが一覧表示されます。

大事なメッセージや、忘れないようにしたいメッセージなどは、保存をオススメします。

 

3-3.いいね!

Microsoft Teamsのメッセージにも「いいね!」をつけることができます。

 

いいね

「いいね!」ボタンを押すと、マークの色が変わり、いいねの数といいねをしたメンバーが確認できます。

もう一度押すと、いいねは解除されます。

積極的に「いいね!」を押して、会話を盛り上げましょう!

 

4.メールからメッセージ送信

メールで作成した文章を、直接Microsoft Teamsのチャネルへ投稿することができます。

メールで投稿するには、あらかじめチャネルのメールアドレスを取得しておく必要があります。

 

チャネルのメールアドレスの取得

投稿したいチャネル名の横の「・・・」から、「メールアドレスを取得」をクリックしてください。作成されたメールアドレスをコピーし、アドレス帳に登録をしてください。

 

これで、いつでもチャネルに直接メールで投稿ができるようになります。

投稿の仕方は、普段使っているメールと一緒で、宛先にチャネルのメールアドレスを設定するだけです。

 

なお、チャネルのメールアドレスは、設定によっては取得できない場合があります。その場合はチャネルの所有者にメールアドレスの取得をしてもらい、アドレス帳に登録を行ってください。

 

5.メンション設定

メンション設定をすることで、メッセージ送信時に相手に通知が届くようになります。

大事なメッセージや、相手に必ず見て欲しいときなどに使用します。

 

メンション設定

メッセージ入力フォームの先頭に@(アットマーク)を入力すると、メンバーの候補が出てきます。メンションする相手を選択してください。

 

メッセージを入力する際は、相手の名前の後に、半角スペースを空けるか、改行してから入力してください。

 

メンション通知

メンション相手側の画面です。

画像のように、通知マークとメンションマークがつきます。

 

→次の記事へ

 

←前の記事へ