8.フィード・マイアクティビティ

はじめに

Microsoft Teamsには、フィード・マイアクティビティという機能があり、更新された情報や、発信された投稿など、最新の情報をある程度まとめて見ることができます。(すべてではなく、近々のものです。)

 

人数が多いコミュニティだったり、投稿やコメントなど、アクティブな情報が多くなると、情報が埋もれてしまったり、見逃してしまったりする可能性があります。最新情報をフィードやマイアクティビティで、ある程度カテゴリー別に確認することができます。

 

ここでは、フィードの見方、マイアクティビティの見方などについて、解説していきます。

 

1.Microsoft Teamsの基本的な画面配置と名称

【Microsoft Teams 利用マニュアル】 8.フィード・マイアクティビティ

Microsoft Teamsの画面ですが、フィールド別に名称があります。

 

赤い枠・・・アプリバー

緑の枠・・・チームリスト

黄色い枠・・・ワークスペース

 

と言います。

(引用:Microsoft Teamsの解説動画

 

フィードとマイアクティビティ

左のアプリバーから、最新情報をクリックすると、チームリストにフィードとマイアクティビティが表示できるようになります。

 

2.フィード

フィードをクリックすると、メンバーのアクティブな情報が「チームリスト」に表示されます。

 

2-1.表示されるもの

  • 未読のメッセージ
  • メンバーから@メンションで送られたメッセージ
  • いいね!された投稿
  • 返信メッセージ
  • 着信

など。

 

日付が新しい順に上から表示されていきます。

表示された情報をクリックすると、その情報のあるチームやチャネルへ移行し、確認できます。

 

表示に関しては、特に種類別になっておらず、少し見づらかったり、知りたい情報をすぐに見つけられない状態ではあります。

 

2-2.フィルター

フィルター一覧

上の画像はフィルター一覧です。チームリストの右上のマークをクリックすると表示されます。

 

フィルターをクリックすることで、アクティブ情報が選んだ項目のみに絞られ、見やすくなります。

 

特に

「未読」

「メンション」

「不在着信」

などを、チェックすれば、情報のチェック漏れはなくなります。

 

2.マイアクティビティ

フィードが相手からのアクションに対して、マイアクティビティは自分のアクションの履歴です。

 

フィードと同じく、日付順に上から表示されます。

 

ただし、マイアクティビティはフィードのようにフィルター機能がついておらず、絞ることができません。

どこのチームやチャネルでのアクションなのかは、クリックして確認する必要があります。

 

3.通知の絞り込み

フィードやマイアクティビティに流れる情報を絞り、不要な情報をカットすることができます。

前章で解説した、プロフィールの設定から、通知を選択することで可能です。

 

設定を変更しても、うまく反映されない場合は、更新ボタンを押すか、再起動をしてください。

 

→次の記事へ

 

←前の記事へ