受付システム

Rabibo Reception

Slack・Workplace・Microsoft-Teams・Chatwork用
チャットボット型 社内システム

商標:6120434
特許:2018-131131

タブレット又はQRコード案内板で

担当者が呼び出されると

Rabiboが担当者に来客を通知

会社の入口に置いたタブレット端末から、お客様が担当者を呼び出せるため、クラウド型の 受付システム の利用が盛んです。

しかし、受付のためだけに全社員の情報を登録し、全社員の端末に専用アプリを入れてもらうことはとても大変です。

しかも、職種によって来訪者が殆どない人も多いのが実情です。

Rabiboなら、このような問題が生じず、料金は使ったユーザー分しかかかりません。

安心して御試用頂くために
・無料で全ての機能が試用可能です。(5アクティブ数以内)
・クレジットカードを登録しない限り課金は発生しません。
※ 通話システムは、別途通話料金が発生します。

Rabiboの特長

– Features –

1 お客様をお迎えする確かな作り

 Point 1  初めての方でも迷わずに使える

 Point 2  会社の入り口に相応しい見た目

受付システム

2 導入も運用も驚くほど簡単

 Point 1  他に類を見ない導入の簡単さ

① ビジネスチャットに連携。② タブレットを設置して、受付画面を表示して入口に設置 又は QRコード案内板を設置。これだけで基本的な準備は完了です。

 Point 2  ユーザーデータの登録が不要

ユーザーデータは登録不要です。そのため新入社員・退職者・異動者のためのデータ入替えが不要です。

 

受付システム

3 会社が成長しても安心

 Point 1  社員が増えても安心

社員数が増えてもシステムが不安定になることはありません。

 Point 2  組織変更時でも安心

ビジネスチャットツールのデータ変更が受付システムに自動反映されます。

受付システム

機能一覧

– Functions –

カスタムボタン

1. 任意呼出ボタン作成
2. 呼出担当者複数設定
3. 呼出ボタン名称変更

簡単設定

1. ユーザーデータ自動取得
2. アイコン用写真自動取得
3. シングルサインオン連携

デザイン変更

1. 受付用端末画面色変更
2. 画面表示グループ選択
3. 来訪者情報入力欄変更

担当者の呼出し

1. 受付用内線電話を設置不要
2. ビジネスチャット直接通知
3. 担当者不在時グループ通知

来訪者への返信

1. チャットツールから応答
2. 定型のワンクリック返信
3. 返信文の受付端末即表示

来訪履歴ダウンロード

1. 来訪者情報の記録
2. 来訪先目的の記録
3. 履歴ダウンロード

セキュリティ

– Security –

安心してご利用いただくため、さまざまなセキュリティ対策に取り組んでおります。

セキュリティ対策の詳細について、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)のセキュリティチェックシートに準拠して公開しております。詳しくはこちらをご覧ください。

継続運用とデータ保存

Amazon社のクラウドサーバー「AWS」を活用し、バックアップも含め安定稼働しています。

暗号化による流出対策

通信データの暗号化により、不正に第三者へデータが流出することを防止しています。

不正行為の予防

保存情報の盗難や管理ファイルの不正入手等、クラッキング対策による不正行為を予防しています。

料金

– Plan –

料金は、使った人の分だけ。

Rabibo導入のメリット

– Merit –

ビジネスチャットツールと一体化した周辺業務システムであるRabiboを利用することで、複数システムを管理する煩わしさから開放されます。

働き方改革

ビジネスチャットツールが利用できるパソコンやスマートフォンさえあれば、場所にとらわれない働き方を実現できます。

システム運用負荷低減

ユーザーデータのメンテナンス、ユーザートレーニング、といったシステム運用に関する負荷が全般的に低減します。

コスト削減

システム利用料、運用負荷に対する人件費、電話番号および固定電話端末の削減などによりコスト削減を実現いたします。

導入の流れ

– Process –

① アカウント作成

申込みフォームよりアカウントを作成してください。

② ビジネスチャットツールとの連携

マニュアルを参照して、ビジネスチャットツールとチャットボット「Rabibo」の連携を開始してください。

③ クレジットカードの登録

クレジットカードを登録したら利用開始となります。30日間はクレジットカードを登録せずにご利用いただけます。また、30日を超えても、アクティブ数が5以下であれば無料でご利用いただけます。

※ クラウド電話(Rabibo-Talk)をご利用の場合には、通話料は別途掛かります。

クラウドシステムとの比較

– Comparison –

よくあるご質問

– FAQ –

受付に利用できる端末について

受付用に利用できる端末はiPadに限りません。ご利用には下記の端末を推奨いたします。
  • Wifi等でインターネットに接続できること
  • Chromeの最新のブラウザが使える端末であること
  • OSとブラウザのバージョンを最新に更新できること
  • 画面がタッチパネル式であること
なお、デザインが優れたiPadスタンド(例:https://hecklerdesign.com/)が数多く販売されていることからiPadのご利用をお勧めします。

試用方法について

システム利用料が無料となる5アクティブユーザー以下でご利用頂くことで試用が可能です。
※ Rabibo-Talkの試用方法はRabibo-Talkのページで御案内を予定しています。

ビジネスチャットツールの乗り換えについて

例えば、SlackからWorkplaceに乗り換える場合、Slackに設定されていたRabiboをWorkplaceに設定するだけで乗り換えが完了、過去のデータを引き継ぎます。
※ 同一人物が、Slackでアクセスした場合とWorkplaceでアクセスした場合には、データベース上は別のユーザーとみなされます。
※ ビジネスチャットツールの乗り換え時には、移行前後でプロフィールの氏名を揃えると記録データされるデータに統一感をもたせられます。
※ 同一月に同一人物が2つのビジネスチャットツールからアクセスすると、その月は2アクティブユーザーとカウントされます。

サーバーについて

Amazon提供のクラウドサービス「AWS」を活用し、データのバックアップも含め安定したサービス提供を実現しています。

アカウントの再作成について

手順は次の通りとなります。
① 管理者がRabiboにアクセスしてください。
② 設定画面でRabiboのアカウントを削除してください。
③ 最後にビジネスチャットツールのボットを削除してください。
④ Rabiboのアカウントを再作成してください。

新入社員の登録について

ビジネスチャットツールにユーザーを追加するだけです。
Rabiboへのユーザー登録は不要です。

退職者の削除について

ビジネスチャットツールからユーザーを削除するだけです。
Rabiboでのユーザー削除は不要です。

料金について

一般的なクラウドシステムと比べ、Rabiboのシステム利用料が安い理由は、ビジネスチャットツールに備わっている機能(ユーザー管理・通知・スマホアプリ等)を有効活用しており、一般的なクラウドシステムに比べてシステム開発費用等の削減に成功しているためです。

支払い方法について

システム利用料は原則クレジットカードでのお支払いとなります。請求書による口座振込をご希望の場合には別途御連絡ください。
※ 請求書発行には追加料金を頂戴しています。

取得データの上限について

ビジネスチャットツールによっては、一度に取得できる情報に制限がかかる場合があります。登録グループ数かユーザー数が1,000を超える場合にはご注意ください。