クレジット決済システム「Stripe( ストライプ ) 」

eラーニングシステムedulioでは、オンライン決済システム『Stripe( ストライプ )』と連携することで、簡単にeラーニング教材のクレジットカード決済機能を用いた販売がおおなえます。

 

この記事では、 Stripeの新規アカウント登録から、弊社が運営するeラーニングシステム「edulio」への連携前までの手順をご説明します。

 

1. Stripe基本情報

 

世界各国で利用されている「Stripe」の特徴は、「複数のクレジットカードブランドに対応」している点や「導入が簡単」な点があり、edulioでもその点を評価して連携をサポートしています。

 

利用可能なクレジットブランド▷ VISA,MasterCard,AMEX,JCB,Diners(JCBは申請が必要)
決済手数料▷ 一律 3.6%
月額利用料・振込手数料▷ 無料
銀行口座への出金サイクル▷ 週毎の指定曜日または毎月の日付を任意指定可能

 

 

2. Stripe をedulioと連携するまでの手順

 

ここから具体的に Stripe の新規アカウント登録と初期設定をご説明します。

Stripeをedulioと連携するためには、事前に2つの設定を行う必要があります。

 

  • アカウントの登録
  • 本番環境への変更申請

 

では、Stripe アカウントの登録からご説明します。

 

 

2-1. Stripe アカウントの登録

 

1)アカウント登録画面

まずは、「Stripe」にアクセスします。トップページの「今すぐ始める」、またはページ下部の「アカウント登録」を選択し、アカウント登録画面に移動します。

 

 

2)アカウント登録情報の入力

Stripe

クレジットカード決済サービス Stripe ( ストライプ )登録画面

入力内容は、以下の3項目のみです。

  • メールアドレス
  • 名前
  • パスワード

 

最後に、「私はロボットではありません」をチェックし、『Stripeアカウントを作成』を選択します。

 

 

3)受信メールの確認

入力したメールアドレス宛てに、「Stripe のメールアドレスをご確認ください。」というタイトルのメールが届きます。

Stripe

Stripe_メールアドレス確認

メール本文内の『メールアドレスを確認』を選択しましょう。

 

 

Stripeアカウント登録直後管理画面

アカウント登録が完了し、管理画面が表示されました。

この段階では、まだ決済機能が利用できません

 

決済機能の利用を開始するため、つづいて「テスト環境から本番環境へ変更する申請」を行います。

 

 

2-2.本番環境への変更申請

 

Stripeのアカウントを登録した直後は、「テスト環境」と呼ばれる状態になっています。テスト環境はエンジニアなど開発部門が動作確認する場合などに利用されますが、テスト環境状態のままWebサイト/サービスと連携しても実際の決済は発生しません。そのため、決済機能の利用を開始するにはテスト環境から『本番環境』へと変更する必要があります。

 

本番環境への変更は、管理画面内の申請ページより各項目の入力・回答のうえStripeへ申請することで完了します。

 

 

1)「本番環境利用の申請」画面の表示

Stripe本番環境利用の申請開始

管理画面の左サイドバー上部にある「本番環境利用の申請」を選択します。

 

 

2)「コンプライアンス関連の質問」への回答

Stripeコンプライアンス関連の質問

本番環境への申請画面が表示されました。

 

まずは、「コンプライアンス関連の質問」について、はい/いいえ どちらかをチェックしていきます。

つぎの上位4つの質問は、すべて「いいえ」とお答えください

 

1.クレジットカード情報を保持する予定はありますか?

2.お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)は追加的な手段により顧客の本人認証を行なう予定ですか?

3.お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)における全ての決済において券面認証を行なう予定ですか?

4.お客さま、もしくはお客さまの代替をする連結アプリケーション(Connect Standard)において不正配送先情報を利用した不正対策を行なう予定ですか?

 

質問1については、edulioはクレジットカード情報を保持しないため「いいえ」となります。

質問2~4についても、edulioは「いいえ」となります。

 

5つ目の質問「過去5年間に特定商取引法違反もしくは過去に消費者契約法違反による敗訴判決を受けたことがありますか?」については、企業様自身により異なりますので、当てはまる回答を行ってください。

 

5つの質問に回答のチェックを入れたら、『提出』を選択しましょう。

 

つづいて、企業情報の入力に移ります。

 

 

3)拠点(国)の選択

Stripe本番環境申請_拠点

「拠点はどこですか?」では、企業様の拠点となる国を選択します。

 

 

4)商品(サービス)内容の入力

Stripe本番環境申請_商品

「商品」では、企業様のコーポレートサイトURL、業種、提供サービス概要をご入力ください。

edulioの販売ページをご入力頂くことも可能です。

 

5)個人事業主または法人か選択

Stripe本番環境申請_ビジネスのタイプ

「ビジネスのタイプ」では、個人事業主/会社又はその他の法人 どちらかを選択します。「会社又はその他の法人」を選択した場合、『企業名』『登記番号(会社法人等番号)』『住所』『電話番号』の項目が追加表示されます。

 

なお、『登記番号(会社法人等番号)』をすぐ確認する方法のひとつに、国税庁が運営する「法人番号公表サイト」の利用があります。法人名または住所から検索し、13桁の法人番号を確認できます。

 

Stripeへの入力内容は12桁の「登記番号(会社法人等番号)」のため、検索結果の法人番号から左端の1桁を除いた12桁を入力してください。

 

 

6)申請者情報の入力

「申請者の詳細」では、担当者の情報を入力しましょう。ソーシャルアカウントによる本人確認は必須項目ではありません。

 

 

7)明細書情報の入力

Stripe本番環境申請_明細書

「クレジットカードの明細書」には、法人名または屋号を入力しましょう。

明細書表記は、商品を購入したユーザー様のクレジットカードの利用明細に印字されます。

この表記が、直ぐに企業を特定できない表記だと、ユーザー様が不安に思い、不正利用の調査がおこなわれやすくなります。

不正利用の調査には数ヶ月が掛かり、その間は売上が入金されませんので、明細書表記は分かりやすくして頂くことが必要です。より丁寧な対応として、特定商取引法に関する表記のページに「明細書には「xxxxxx」と印字されます」と記載する企業様も多数いらっしゃいます。

 

8)銀行口座情報の入力

Stripe本番環境申請_銀行の詳細

「銀行の詳細」には、決済時の入金用口座を登録してください。

 

 

Stripe本番環境申請_申請書を送信

さいごに『申請書を送信』を選択すると、申請が完了します。

 

 

Stripe本番環境申請_アカウントの有効化

画面が切り替わり、アカウントが本番環境に変更され決済が行えるようになったメッセージが表示されます。

 

 

Stripe

本番環境申請_APIキー

テスト環境から本番環境へ移行したことで、左サイドバー上部にあった「本番環境利用の申請」表示がなくなります。また同じく左サイドバーの「開発者」項目「APIキー」を確認すると、シークレットキー欄が『本番環境のキーを表示』と変更されます。

 

以上で、Stripeのアカウント登録・本番環境への申請が終了し、edulioへの連携準備が整いました。

 

 

【edulioとの連携方法】

edulioとの連携に必要な、Stripeの登録と初期設定が終わりました。最後に、Stripeのアカウントをedulioと連携しましょう。

edulioとの連携手順の詳細は、サポートページ「edulio操作マニュアル「Stripeアカウントの連携」」をご確認ください。

 

 

2-3.アカウント情報の変更

 

これまで登録したStripeアカウントに関する情報を変更する場合は、管理画面左サイドバー下部の「設定」を選択しましょう。

Stripe

アカウント登録_設定変更

1)アカウント名または明細書表記の変更

①「アカウント情報」から変更できます。

 

2)指定銀行口座または入金サイクルの変更

②「銀行口座とスケジュール設定」から変更できます。

 

3)Stripeアカウント担当者の追加・削除、権限などの変更

③「チームメンバー」から変更できます。

 

 

3.JCBカードの利用申請の手順

 

Stripeで利用できるクレジットカードブランド(VISA・Mastercard・AMEX・JCB)のうち、JCBカードについては別途Stripeから申請する必要があります。JCBの審査が通過すると、自動的にDiners、Discoveryも利用できるようになります。

 

ここでは、JCBの申請手順を説明します。

 

1)「サポート」ページへの移動

StripeJCB申請_サポート画面への移動

管理画面右上の「本」アイコンから「サポート」を選択します。

 

 

2)「サポート」ページから『お問い合わせフォーム』への移動

Stripe

JCB申請_問い合わせフォーム

 

3)フォームから申請内容を入力・送信

StripeJCB申請_問い合わせ送信

Stripeアカウントを複数登録している場合は件名上部のアカウントがedulio利用のものであることを確認し、フォーム内の件名と本文に以下の内容を入力し、送信します。

 

件名:JCBの利用申請

本文:StripeアカウントでJCBカード決済ができるよう審査をお願いします。

 

Stripeアカウントの登録や本番環境申請と違い、JCBカードの審査は数日〜数十日と時間がかかるのでご注意ください。